No203.2013.4.14  発 行 東浦野鳥保護研究会.責任者伊藤岱二0562-83-7068


 2013年3月10日野鳥観察会の報告。 先日から花粉症になりました。今年の花粉の飛散量は去年の2,3倍多い所では5〜7倍とも予想されています。御同様の方はつらい日々が続きますね。特に春先は体調に気を付けましょう。

今年初めての境川河口は曇りで時々薄日がさす空模様です。今日は大潮ですが干潮には時間がありますので田んぼの方から観察します。水路のヨシ原ではアオジやホオジロ、オオジュリンの姿が見られます。オオジュリンの成鳥雄は冬羽の今でも頭上、頬、喉はかなり黒く見えますが北に帰る頃には次第に頭は黒く、後ろ頸は白くなって行くでしょう。

上空では春告げ鳥のヒバリのラブソング、 堤防の枯れ草の頂きにはホオジロの囀りが聞かれ、春本番間近です。シジュウカラの鳴き声が聞こえます。最近シジュウカラが公園や住宅街の樹林で普通に繁殖し、水辺のヨシ等にも生息地を広げて来ています。田んぼの所ではトビ、ノスリ、ツグミ、タヒバリ、カシラダカ等主に冬に見られる鳥を観察。一瞬、常連となったホオアカの姿が枯れ草の間に見えました。

堤防に戻り干潟の河口では、頭が少し黒くなった夏羽へ移行中のユリカモメや久しぶりのズグロカモメ、オカヨシガモ等のカモ類、ハマシギ、シロチドリ等が見られました。
空も本曇りになり、一時は雨も落ちてきそうです。私はまだひっきりなしにくしゃみが出て仕方がありません、早めに鳥合わせをして解散しました。(T・伊藤)

 

見かけた鳥 鳥の名前をクリックすると写真と詳しい説明があります。
1. カワウ 2. ダイサギ 3. コサギ 4. アオサギ 5. マガモ 6. カルガモ
7. コガモ 8. オカヨシガモ 9. ヒドリガモ 10. オナガガモ 11.ミサゴ 12. トビ
13. ノスリ 14. キジ 15. シロチドリ 16. ケリ 17. ハマシギ 18.ユリカモメ
19. セグロカモメ 20.カモメ 21.ズグロカモメ 22.キジバト 23. ヒバリ 24.ハクセキレイ
25.タヒバリ 26.ツグミ 27.ウグイス 28.シジュウカラ 29.ホオジロ 30.ホオアカ
31.カシラダカ 32.アオジ 33.オオジュリン 34.カワラヒワ 35.スズメ 36.ムクドリ
37.ハシボソガラス 38.ハシブトガラス 39.カワラバト      

16名の方が参加されました

 2013年 4月の観察会のお知らせ

  ◇日   時  4月 14日(日)午前9時

  ◇集合場所  高根の森駐車場

  ◎鳥情報をお知らせ下さい
   (0562-83-7068)

   simicuri@ma.medias.ne.jp
   ◎毎月第2日曜日開催
   3月〜10月  境川河口

  11月〜 2月  高根の森