ユリカモメ

秋から春にかけて海岸や河口で最もよく見られるカモメです。ため池や河川のかなり上流まで上ってくるカモメとしても知られています。歩く、泳ぐ、飛ぶというカモメの特性を使い、水面や干潟で活発に餌を採ります。昔から都に多く飛来することから「都鳥」という風雅な名前で呼ばれていました。
チドリ目カモメ科
百合鴎
L40cmW93cm 
Black-headed Gull
観察時期 9〜5月
鳴き声 ギィーギィー
見分け方 冬羽では嘴と足が赤く、翼の上面は淡い青灰色。夏羽は頭が頭巾をかぶったように黒くなる。

に戻る

上は冬羽

下は夏羽