チュウシャクシギ

下にカーブした嘴が特徴ので、茶色味ががった灰褐色のシギ類。日本には旅鳥として春と秋の渡来する。干潟や水田で餌を採る、干潟ではカニなども捕まえ振り回してアシやハサミを落として、食べます。

写真のチュウシャクシギは片足がなくなっています

チドリ目シギ科
中勺鷸
L42cm W80cm
Whimbrel
観察時期 4.5〜8.9.10月
鳴き声 ホィーピピピピ
見分け方 嘴が下に湾曲している、ダイシャクシギやホウロクシギなどより体が小さい。

 に戻る