チョウゲンボウ

雄は頭と尾が灰色で背中は茶褐色、雌は上面が茶褐色で一面に黒色横斑がある。農耕地、河川、干潟、丘陵などを狩場にして、木や杭にとまり見張っている。地上で獲物を捕らる。獲物はネズミ、昆虫、小鳥が多い。町内では穫り入れの終わった、田んぼの上によく現れる。

 

ワシタカ目ハヤブサ科
長元坊
L35cm W73cm
Kestrel
観察時期 1〜12月
鳴き声 キィキィキィ
見分け方 尾が長いのが特徴、ひらひら飛びながら停空飛翔(ホバリング)する。

 に戻る