オナガガモ

冬になると、色んな鴨が冬を過ごすために町内の河川やため池にやってきます。
オナガガモは、英名で針の尾と言われるように長い尖った尾と、長い首を持った中型のカモです。逆立ちして首を水中に突っ込んで餌を採り、尻尾が出ている面白い姿も見られます。
境川河口等には渡来した頃は多く観られますが、猟期中には激減して、安全な場所に移動しているようです。
ガンカモ目ガンカモ科
尾長鴨
L70cm W90cm
Pintail
観察時期 10〜4月
鳴き声 プリップリッ
見分け方 雄は体形と色彩で容易に見分けられる。首と尾が長いのが特徴

 に戻る