ノビタキ

高原の鳥で、霧ヶ峰で見かけたことがあります。スズメほどの大きさで、雄は、顔から背にかけて黒く、胸がオレンジ腹は白、白い紋を付け、なかなかの伊達姿です。高原で繁殖して、秋に中国南部やインド方面に渡ります。その時に町内の稲刈りの終わった田んぼに、立ち寄ります。秋になると、はざ杭に止まっている姿をよく見かけます。
スズメ目ツグミ亜科
野鶲
L13cm W21cm
Stonechat
観察時期 3.49.10月
鳴き声 ジャッジャッ
見分け方 翼に大きな白い斑。雄は黒い頭と白い腰、雌は淡い橙色お腹と腰

 に戻る