ムクドリ

スズメやキジバトなどとともに、農耕地や市街地でもよく見かけます。椋の実をよく食べることから名前が付いたといわれています。
田畑、果樹園、牧場、市街地の公園や庭に棲息している。人家の戸袋や瓦の下などに巣をかけるので、ヒナが保護されることが多い。人のそばで暮らせる鳥です。
スズメ目ムクドリ科
椋鳥
L24cmW40cm 
Gray Starling
観察時期 1〜12月
鳴き声 ギャーギャー
見分け方 全身黒っぽく、顔に白い羽があり腰は白い、嘴と足は橙色。

に戻る