キレンジャク

県内には冬鳥として渡来します。2月から4月ころに、北に帰る前に観られることがあり、なかなかお目にかかれない鳥です。ムクドリよりも小さく、頭に冠羽が立ち、体は太く尾は短く先端は黄色で、赤いヒレンジャクと区別になる。
群れて行動して、私が観たときはピラカンサの木に150羽ほど黄連雀と緋連雀が来て3日ほどで食べ尽くしました。
スズメ目レンジャク科
黄連雀
L20cm W32cm
Waxwing
観察時期 10〜4月
鳴き声 ヒリリヒリリ
見分け方 冠羽があるので見分けは付く、尾の先が黄色く、翼に白斑があるのでヒレンジャクと識別

 に戻る