ヒヨドリ

スズメよりずっと大きい鳥です。体の割には尾が長目で細長く感じられます。
ヒヨドリの名前は「稗鳥(ひえどり)」ヒエを食べる鳥という意味から来たと言われます。椿、梅、桜などの花から蜜を吸います。エサ台を作るとスズメなどとともに真っ先に現れて、パンくずやミカンなどを食べます。町内では普通に観られる鳥です。
スズメ目ヒヨドリ科
L28cm W40cm
Brown-eared Buldul
観察時期 1〜12月
鳴き声 ピィーヨ、ピィーヨピィピーピィーピピィー
見分け方 全身灰色で、頬が茶褐色。飛んでいるときは波形に飛ぶ。

 に戻る