ハシボソガラス

カラスは全身が真っ黒で、不気味な声で鳴き、腐った肉を食べるので、昔から市の予告の声とか言われ、よいイメージはない鳥です。しかし童謡とかに登場して身近な鳥でもあります。町内で観られるカラスは2種類で声が濁ったハシボソガラス、声の澄んだハシブトガラスです。畑や田んぼなどによくいるのはハシボソガラスで、都会やビル街にいるのはハシブトガラスです。町内ではハシボソガラスの方が多く観られます。
スズメ目カラス科
嘴細鴉・嘴細烏
L50cm W90cm
Carrion Crow
観察時期 1〜12月
鳴き声 ガヮーガヮー
見分け方 ハシブトガラスによく似るがやや小さく、嘴は細く、おでこに段はない。

 に戻る