2020年6月21日日本全国の自粛解除になったので早速出かけることにします。行く先はまよったげく伊勢神宮の内宮と決まった。
 
 7時10分頃に家を出て、湾岸大府ICから高速道路で、四日市JCTから東名阪自動車道を行き、亀山を過ぎ伊勢自動車道に入り、伊勢西ICで降りる予定が、そのまま伊勢自動車道を走って伊勢ICで降りる。奥さんはデジャブと言っています、と言うのも昨年の11月の時と同じことを繰り返しています。
 
 9時にB1駐車場に車を止めて、地下道を通って、おはらい町通りへ出てウインドウショッピングしながら宇治橋の方に歩いていきます。時間が早いので人通りが少ないかと思っていたが、自粛明けで皆さん出かける気持ちが多かったのか、人出は結構多いと感じます。
 
 宇治橋の鳥居の所に着き、内宮の参拝をします。参道を行き、手水舎を過ぎ、五十鈴川御手洗で、身を清め正宮にお参りします。まだ混雑はしていません。
 
 正宮の裏の荒祭宮を見て、神楽殿まで戻り、左に行き、風日祈宮に行く。五十鈴川の支流を橋で渡り、参拝します。もう一度、神楽殿の横を通って、御厩の前を行き参集殿に行くが、結構人が多くあきらめて、参道の木陰のベンチで一休みします。その後は大山祗神社と子安神社をお参りして、宇治橋の所で写真を撮って、宇治橋を渡り、おはらい町通りに行きます。

 少しお土産物をと思ったが、天気は曇りだが、気温が上がってきたので、赤福氷をと思ったが、どこの赤福のお店も、行列が出来ています。おはらい町の中でも人通りの少ない所の茶房中山と言うお店で宇治金時をいただきます。これはすごくおいしいかき氷でした。

 おはらい町通りで、朝見たお土産の内、S真くんとKよみちゃんの分と家の分と購入して、おかげ横丁に行こうかと思っていると、11時になったので、昼食と言う事で今回も松坂牛の焼肉に行きます。コースではなく単品で何種類か注文して昼食となります。おいしいお肉をお腹一杯いただき満足で、もう一度お土産物を購入しに、いろんなお店を回る。コロナ対策でマスクと入り口での消毒をするように言われます。

 駐車場に戻り、駐車場料金を支払い、次の目的地、神宮の博物館に向かいます。外宮に行く途中です。小さい駐車場に車を止める事が出来ました。そこの前が、神宮徴古館です。この会館は伊勢神宮のお祭りや社殿建築、式年遷宮で使用された装束などが展示されています。ほかにも重要文化財等の貴重な資料も展示されています。

 ゆっくり見物して、次は神宮美術館に行きます。こちらは当代を代表する芸術家が式年遷宮を放散して神宮に奉納した作品を収蔵しています。見ごたえのある作品が一杯です。
 こちらもゆっくり貸し切り状態で鑑賞して、庭の観えるロービーのベンチで休んでいると、庭の草木が風になびいて、絵画のような景色を眺める事が出来ます。何か映画のワンシーンのようで、夢を見ているかと思います。

 夢のような時間は過ぎ、もう一か所の神宮農業館は次回のお楽しみにしておきます。家に帰りパンフレットを見ていると、徴古館と農業館は赤坂離宮(迎賓館)の設計者、片山東熊氏の設計で国の有形登録文化財に指定されていると書いてあります。思いがけない所を発見した気分になっています。
 
 車に戻り、家に帰ります。帰り道に安濃SAでもう少しお土産を購入して、家路に着きます。
内宮おかげ参道の地下道を行きます おかげ町通りはお店によっては行列が出来ています
赤福本店も行列です おはらい町通りの裏五十鈴川の歩道は空いています

宇治橋の鳥居に到着 宇治橋を渡る 五十鈴川の御手洗で清めます
神楽殿 正宮にお参りします
もう一つの橋を渡ります 橋の途中で川を見る
風日祈宮 大山祗神社
子安神社 苔むした所があった

宇治橋に戻ります
宇治茶金時を二人で一杯いただきます
宇治橋で撮影
岩戸屋の前です 昼食は松坂牛の焼肉
おはらい町通りの裏に四谷稲荷がありました 神宮徴古館に行きました
すごく立派な建物です 安濃SAで休憩