2016年2月21日(日)
今日は天気がいいのでどこかに行こうかと車を走らせます。新東名が豊田東から浜松まで開通したので走ってみることになります。豊明ICから東海環状自動車道の手前の矢作川の橋から右に行く、新しい道は思ったより少し狭い、しかし、トンネルが多い、新しいトンネルはきれいです。いくつものトンネルを抜けて、途中、岡崎SAや岡崎東ICを通り越し、次のトンネルを抜けると、 前の車のスピードが落ちます?左を見ると石切り場?山肌がえぐれている所が出てきます。ショベルカーや大きなダンプカーがオモチャの様に小さく見えます。私は走っているので前を見ていたが、奥さんに写真を撮るようにお願いします。
 
 もう少し行くと長篠設楽原PAを通り過ぎ、新城ICも過ぎると、今回の新東名が接続された浜松いなさJCTを過ぎます。次の浜松SAで休憩とします。トイレに行きお土産を観ながら時計を見ると11時を過ぎています。ここで昼食をとフードコートを見ると浜松餃子が目に入ります、昼食を済ませお土産を買って、インフォメーションで、今日の富士山は見えるか聞いてみます。タブレットを出してライブカメラに接続するがうまくいかない。私が気になっていた由比の近くの薩埵峠の事を聞くと詳しく教えてくれます。そこに行く気になった、しかし、最近のスマホはネットで検索すると薩埵峠のライブカメラが観られます。助手席で奥さんがライブカメラを検索してみていると、富士山が隠れていると言われ、あきらめてしまう。
 
 遠州森町PAでいったん止まり、地図で調べます。このPAはスマートICでETC搭載車は出られます。そこで、この遠州森町PA近くの可睡斎に行くことにします。昨年の12月に私は行ったが、奥さんは初めてなので、御朱印帳を持って参拝します。昨年は行かなかった、本殿横の三尺坊に参拝して、帰ります。帰りは東名高速で帰ります。
 
 途中、浜名湖SAで休憩して、本線の戻ります。少し走ると三ヶ日JCTです、ここで少し悩みます。もう一度新東名を走るのか、このまま東名で走っていくか、電光掲示板に表示された新東名で70分東名で45分の時間で東名で行くことにします。
 15時過ぎに東浦町に着きます、大型スーパーに行き買い物をして家に帰ります。
 
新東名の豊田東JCTから浜松方面に行く すぐ岡崎SAだが混雑しています
音羽付近に採石業がある 浜松SAで休憩
昼食に浜松餃子 親子丼をいただきます
萬松山という山号 ひな祭り人形が展示
本堂前の三門 秋葉三尺坊
烏天狗 こちらも
浜名湖SAで一休み