2018年4月22日(日)久しぶりにオフの日曜日となり、どこかに行きたいというか、久しく遠出をしていなかったので出かけることにします。どこに行こうか悩みましたが、昨年のゴールデンウイークに出かけて思いがけずすごい景色を観る事が出来た、滋賀県マキノ町のメタセコイア並木をもう一度観たいと思い出かけます。
 
 朝6時ころに家を出発して、大高から名古屋高速で名古屋駅前から、名古屋高速6号清洲線で清洲JCTから16号一宮線で名神一宮ICから名神高速道路で西に向かいます。朝食の為に養老SAで休憩します。朝食を済ませて、米原JCTから北陸自動車道に入ります。愛知県から岐阜県を経て滋賀県に入ります。木之元ICで高速道路から一般道に降りてマキノピックランドを目指します。昨年も思ったことだが、私の思い描いている地図と、逆な感じが今年もまだ抜けていない。
 
 メタセコイア並木は今年も見事で、石碑に書いてある「マキノ高原・マキノスキー場へのアプローチ道として高原らしい景観を形成している。」また、メタセコイアは中国原産のヒノキ科メタセコイア属の落葉広葉樹で和名はアケボノスギ。樹高は35mになると書いてあります。ほかにもメタセコイアはアメリカにあるセコイアと言う木が最高樹高115mもあるらしい、その木に姿がよく似ていることから、メタ(変化した)セコイアと名付けられたと書いてあります。
 
 少しの間並木道の下でこの樹木のエネルギーをもらい、いい気分になっていました。いつ迄もここでたたずんでいる訳には行かないので、次の目的地に向かい出発ですが、ここで私の思っている地図と今の地形が逆転しているので、出口を間違えナビが困っています。
 
 国道303号線鯖街道を走り道の駅若狭熊川宿があったので休憩します、この後少し国道を走り、小浜ICから舞鶴若狭自動車道を走ります。トンネルの多い自動車道です、舞鶴東ICで降りてナビに従い走っていくと赤レンガ倉庫が見えてきます。私が入力した電話番号は赤レンガパークだったようで、目的の赤レンガ博物館の反対側に来たのでUターンしてそちらに向かう。しかし、通り過ぎたらしく、もう一度Uターンして、やっと警察署の前の赤レンガ博物館に到着します。車を止めて、博物館に行く入り口で入館料を払う時に何か手間取っています。ここと舞鶴引揚記念館とセットの方がお得ということでセットの観覧券を購入して中に入ります。
 館内に入ると驚きの連続でした、紀元前2200年ころのメソポタミア・ラガシュの楔形文字入りレンガや紀元前1400年ころのエジプトの干しレンガ、14世紀末の中国万里の長城のレンガ、広島原爆ドームのレンガ、ポーランド・アウシュビッツの強制収容所のレンガ、東西ドイツの壁のレンガとすごいことになっています。東京駅のレプリカもありレンガは奥が深いと感じた施設です。
 
 外に出ると港を遊覧する船が停泊しています、乗れるかと思い聞いてみると、満員とのことあきらめて、舞鶴引揚記念館に向かいます。今度は間違えないようにナビに電話番号を入力します。海上自衛隊の舞鶴教育隊や自衛隊病院と珍しい施設を横に見ながら進んでいくと、舞鶴引揚記念館が見えてきます。車を駐車場に止め館内に入ります、岸壁の母ぐらいしか私にはわからない事です。戦争当時の物やシベリアの収容所のすごさなど展示されています。館内を一回りして、外に出ます。裏に回ると展望台に行く小道があります。そこを上っていく途中で、奥さんの身内も引揚船で満州から引き揚げてきたおばさん一家の話を語り始めます。自分の中にある記憶の部分がその時々の状況により思い出される事があると思わされる話でした。
 
 展望台に上ると、眼下に舞鶴湾が見えます、右手に白い大きな橋が、左手に引揚桟橋の復元したものが見えます。平和な今見ると昭和20年後半から30年代にここで繰り広げられてきたドラマを思うことは出来ません。
 車に戻り、昼食を求めて舞鶴市内の舞鶴港とれとれセンターに向かう。20分ほどで目的地に着き、うまい具合に車をすぐに止められ、昼食をいただきました。買い物を少しして帰り道となります。もう一度、舞鶴東ICから舞鶴若狭自動車道を走ります。この時に奥さん発した言葉に呆れます、来る時にトンネルが多く、景色があまり見えないとぼやいていたので、帰りはトンネルが少ないといいと言っています。同じ道だよとツッコミを入れる私です。
 
 舞鶴若狭自動車道を走り、小浜を過ぎると、三方五湖の看板が出てきます。三方五湖は何というので、湖が五つあると言うと、観てみたいと言ったので、三方五湖PAで休憩することにします。五胡は見えないが一つだけ三方湖が見える展望台から湖を観ます。
 
 敦賀JCTから北陸自動車道を走るが道路が傷んでいます、ロードノイズがひどく会話が聞こえません。米原JCT経由で名神高速道路に入り、S真くんたちにお土産を買うと言って養老SAで休憩します。無事にお土産も買えて家に帰ります。
 
朝食の為に休憩します養老SA マキノピックランドに到着
メタセコイア並木石碑 魚眼レンズで撮影
普通に撮影します 反対側を見るとこちらも並木
舞鶴に行く途中熊川宿に寄ります 舞鶴の海上自衛隊の横に車を止める
もう一つの目的地舞鶴赤レンガ博物館 舞鶴港には海上自衛隊の船が停泊
赤レンガ倉庫群にはいかなかった 舞鶴引揚記念館
記念館の外には石碑がいくつもある 望郷慰霊の碑
カリヨン 展望台から大きな橋が見える
反対側は引揚桟橋が復元されています
三方五湖PAで休憩