2018年の旅は行ってみたいと思っていた、日光東照宮に行く事になりました。バス旅行なので長距離移動が心配でしたが、渋滞もなく楽しい旅となりました。

 1月4日(木)5時20分に目覚ましが鳴ります。今日から一泊旅行に出かけます、行く先は「世界遺産・日光二社一寺たっぷり約150分案内人同行!白くよみがえった美しい日光東照宮『陽明門』」とタイトルされたバス旅行です。
 

 地元駅を6時31分発の電車で大府駅乗り換えて、名古屋駅に7時に到着、集合場所のエスカ地下街に行き、受付を済ませ、私は地上に上がり、写真を撮ります。
 

 7時30分出発でバスに乗り込み、長旅が始まります。名古屋高速名駅ICから小牧北ICまで行き、小牧ICから東名高速で小牧JCTから中央道に入ります。恵那峡SAで休憩、次の休憩の辰野PAで昼食のオプション弁当を積み込みます。私たちは注文しなかったので、おにぎりとかPAで購入します。
 

 岡谷JCTから長野道に入り、すぐ次の岡谷ICで一般道に降ります。諏訪湖の横を走ると諏訪湖の向こうに富士山が見えます。国道142号線で和田トンネルを通って、中部横断道路の佐久南ICから佐久小諸JCTから上越自動車道に入り、碓氷軽井沢ICを過ぎます。ここからは初めて走る道です、すぐに横川SAで休憩です。もう5時間ほど走っています。
 

 横川SAを出て、藤岡JCTから関越自動車道で高崎JCTはすぐです。高崎JCTから北関東自動車道を走り、岩船JCTから東北自動車道に入ります。大谷PAで休憩して、次の宇都宮ICから日光宇都宮道路に入ります。今市ICから、鬼怒川温泉に向かい、鬼怒川温泉を通り越して、本日の目的地、龍王峡に行く。しかし、雪道なので見物をあきらめ、売店でコーヒーを飲んでいます。
 

 宿に向かい、16時30分過ぎにホテルに到着します。部屋に入り、トイレのレバーが壊れていたので、部屋を変えてもらおうかと思ったが、様子を見るとネジが外れていただけなので、私が直します。
 温泉に入り、少し休んでいると、夕食の時間となったので、夕食会場に行き和食の夕食をいただき、おなか一杯になり部屋に帰り、一休みしていると奥さんはベットで寝始めます。
 
朝の尾張森岡駅まだ太陽が出ていません 朝の名古屋駅
エスカ地下街が集合場所 初めての休憩は恵那峡SA
2回目の休憩は辰野PA 辰野の町が見下ろせます
わかりにくいですが諏訪湖の向こうにうすく富士山 横川SA峠の釜めしのおぎのやの弁当が有名
大谷石で有名な大谷と思う 今日の目的地龍王峡のモニュメント
龍王峡に向かう道こんな雪道いけません この下に渓谷がある
ホテルの窓から鬼怒川を望みます 夕食はたくさんありました
 
 1月5日(金)今朝も早起きで、温泉につかって旅行気分満喫です。バイキングの朝食をいただき、出発準備が出来て、フロントに行くとバスは来ています。7時45分にホテルを出発して40分ほどで、日光山輪王寺の駐車場に着きます。東照宮の手前のお寺です。修復工事がされていたのでカバーがかけられ、全体は見えません。案内人に説明され、中に入ると、お坊さんらしき人が、何やらお話をしています。最後の方で、このありがたいお札を3000円で買うようにと言われたので買わなかった。続いて建物の裏に回ると、数珠の説明をします。こちらも2000円購入するようにと言われ、今回も買いません。
 

 お寺は終わり、目的の東照宮参拝をします。参道を上がっていくと石の鳥居があります、黒田長政の寄進で、九州から運ばれた石でできたと大きな鳥居です。
 中に入ると五重塔があり、表門を入ると、鮮やかな建物が一杯です。サルの彫刻で有名な神厩舎、三神庫、御水舎から右折すると目の前に、陽明門が白く輝いています。平成の修復が終わりとてもきれいになったそうです。陽明門をくぐり右手に行くと有名な眠り猫が見えます。その後は国宝の本殿に入り、参拝します。巫女さんの説明があり一緒に拝礼します。その後ここでもお守りの販売があります。
 

 拝殿から出て、陽明門をくぐり、右手に行くと本地堂があります。ここも中に入って説明があり、その時拍子木を打つと鈴が鳴るような共鳴音が聞こえます。これが鳴き龍と言うらしい。最後に鈴の販売があります。
 これで東照宮は終わりで、隣の二荒山神社に行きます。「ふたらさん」と読むそうです。ほかの読み方で「にこう」とも読める。この本殿も重文です。二荒山の後ろに男体山が、男体山はこの神社の境内となっている。今回の旅行の二社一寺は国宝や重文だらけです。
 

 これで今回の旅の目的は終わり後は帰り道です。下の駐車場まで、歩いていきます。売店の地下駐車場にバスは止まっているので、そこから帰り道です。来た道を帰ってい行きます。日光宇都宮道、東北自動車道、北関東自動車道の波志江PAで休憩、関越自動車道佐久小諸JCTから中部横断道で佐久南ICまで行き、一般道の道の駅「マルメロの駅ながと」で休憩して、一般道で和田トンネル経由で、岡谷IC手前まで行きます。岡谷IC手前でお弁当の峠の釜めしを注文した分積み込みます。岡谷ICから長野自動車道を少し走り、岡谷JCTから中央道を行きます。駒ヶ根SAで休憩して、次は内津峠PAで最後の休憩をして、小牧JCTから東名高速で小牧ICから名古屋高速で黒川ICで降りて、名古屋駅西に到着が18時30分でした。
 

 名古屋から尾張森岡まで電車で帰り、家に着くと20時少し前だった。
 
朝起きて鬼怒川を見る ホテルの玄関
日光山輪王寺は改修中です 本堂に入る前に説明しています
空を見上げると虹が出ています 東照宮の参道
振り返ると真直ぐ江戸に向かう道 石の鳥居は黒田長政寄進
五重塔があります 神厩舎を奥さんと撮影します
有名なサルの一生が彫られています 下の説明書きがあった
こちらも 御水舎も豪華です
陽明門の前で 輝くばかりにきれいな陽明門
陽明門を裏から見ると 神輿舎
国宝の唐門 有名な眠り猫
本地堂は鳴き龍で有名 二荒山神社
二荒山神社の本堂 帰り道バスの中から浅間山を撮影
道の駅マルメロの駅ながとで休憩 駒ヶ根SAで休憩
最後の休憩内津峠は夜になります 名古屋に到着