2016年1月3日(日)年の初めから旅に出かけることが出来ます。バスツアーで「冬の味覚!日本海・若狭でズワイガニとフグをご堪能 あわび踊り焼き御前の昼食と若狭小浜温泉」と長い題の付いた旅行です。このお題には付いていないが、このほかにも初詣が2ヵ所、日本三景が一か所、古い街並みが二ヵ所、旧海軍の施設と忙しいツアーです。
 
 10時に名古屋駅新幹線口噴水前集合なので少しのんびりとした朝を過ごします。9時台の武豊線と思ったが、一本前の8時42分発の区間快速で名古屋駅に行く、9時過ぎに到着します。名古屋うまいもん通りが出来たのでそこを見物したいと、奥さんのリクエストなので、そこを見物して、集合場所に行き受付を済ませます。まだ時間があるので、地下街でトイレに行き準備万端で再度集合場所に行く。
 
 10時になり集合場所からバスまで行き、乗車して出発です。名古屋高速から一宮ICへ名神高速で長浜ICへ向かう。途中養老SAで休憩して、最初の目的地長浜スクエアに行く。ここは何回か行った事があり、あまり珍しくもない所でした。次は氣比神宮、ここは初めてかもしれません。北陸道一之宮らしい、参拝の列が600m以上あり横からお参りした。続いて、若狭鯖街道の熊川宿、西駐車場にバスは止まる。宿場に入ると朽ちかけた廃屋があります。ガイドさんからもらった熊川宿マップにはたくさんのお店が書いてあるが、開いているお店はほとんどなく半分も行かずに、帰ってきます。
 
 最後はお宿の「ホテルせくみ屋」に到着します、一休みして温泉に入って疲れを取ります。夕食はズワイガニとフグ刺してっちり、かにのフライ、フグ釜飯、カニ茶碗蒸しと豪華な食事です。お腹いっぱいになり、部屋に帰ると奥さんは19時30分ころから寝ています。
 
名古屋駅西口に集合 反対から見るとこんな感じ
長浜は少しさびれています 氣比神宮という事は天皇が祭られている
熊川宿は初めて行く あまり人はいなかった
ホテルの窓から小浜湾が見える
夕食は豪華にカニとフグ こちらはカニのフライにカニ茶碗蒸しとフグの釜めし
 
 本日2日目は、今朝は6時に目覚めます、奥さんは10時間ほど寝たことになります。朝食後8時出発です、初めに舞鶴港の赤レンガ倉庫群に行く。赤レンガ記念館の駐車場の横には海上自衛隊の補給基地があり、掃海艇が2隻停泊しています。その横を通って、舞鶴市役所の方に行くと、赤れんが倉庫群があります。そこを見学して、天橋立へ行く。ケーブルカーで傘松公園に行くのはオプションなので不参加です。すぐ横にある元伊勢 籠神社(もといせ このじんじゃ)を参拝します。昼食はあわびの踊り焼きをいただき、次の目的地、美山・かやぶきの里を見物して、この旅行の最後に行く場所、伏見稲荷に向かいます。
 
 途中寝ていたのでどの道で来たのかよくわからないが、伏見稲荷の第四駐車場近くの道路で、バスを降りて、第四駐車場まで行き、そこで1時間30分後に集合するようにと話をしていると、駐車場のガードマンがこの駐車場は17時で閉まるよとか言っています。結局すぐ横のドラッグストアに17時40分に集まるように言っています。大丈夫かなと思ったが、私が心配することではない。
 
 伏見稲荷本殿目指して歩いて行く、踏切を二つ越えて、表参道から本殿に行き、参拝します。奥の院に向かい千本鳥居をくぐって奥の院に向かうと、混雑はなく意外と空いていました。奥の院にお参りして、今度は裏参道を通って集合場所に向かいます。途中で夕食を調達して、集合時間の少し前に集合場所のドラッグストアに行くと、少し先の伏見工業高校の正門与野に行くように言われる。そこでもう一人の添乗員が来る人の名前をチェックしています。私たちは3番目でした。集合時間の5分前にバス二台の約80名ほどが集まります。バスに電話をして、バスが来るところに歩いて行くと、着くと同時にバスがやってきます。バスに乗り込み、帰路につきます。
 
 所々渋滞もあったが、20時45分頃に名古屋駅に到着します。21時過ぎの電車で帰ると家に到着は22時少し前だった。
 
朝食も豪華です 海上自衛隊の補給所
掃海艇の前で記念撮影 赤レンガの建物群があります
元伊勢 籠神社(もといせ このじんじゃ) 本殿はこちら
あわびを焼いていただきます ほかにも甘海老とかあります
美山・かやぶきの里を見物
集落全体がかやぶきが多い 伏見稲荷の表参道
山門前は人だかり 千本鳥居に近づくと暗くなります
写真より暗いです 帰り道は少し空いていた
こんなに暗い 名古屋駅に着きます