2011年8月19日(金)今日から一泊で伊勢志摩方面にで掛けます、私の還暦祝いの旅行です。昨年は長男次男ともに子供が生まれ、旅行に出かけることは無理な状態でした。今年になり二人の小さい子たちも誕生日を過ぎたので、一泊旅行に行くことになりました、一台の車で行こうと10人乗りのハイエースGLです。朝、長男が車を受け取りに行く、帰ってきて我が家の庭に入らないと隣の空き地に止めて荷物を運び入れます。

 長男が運転して出発です、大人6名幼稚園児1名幼児2名、合計9名で出かけます。伊勢湾岸自動車道路大府ICから乗って、東名阪に乗り継ぎます。御在所SAで休憩します、東名阪自動車道路の渋滞予測では、この先四日市ICから亀山JCTまで8kmほど渋滞と言うことです。一休みのあと出発です、少し走ると渋滞ですが止まるほどのことはなく、思いの外順調に走り抜けます。

 伊勢自動車道の嬉野PAでもう一度休憩して、御伊勢さんに向かいます、内宮に向かうと道は混雑しています。駐車場は満車で五十鈴川の河原に止めます。この車高さも高いし長さも長いので、止める場所を考えながら駐車します。今回は一番端で、道路に面した所に止めておきます。そこから「おはらい町」を目指して行きます。

 Kとちゃんと奥さんは先に下りてトイレに行き、そのまま先に進んでいます。電話を入れると、おかげ横町を通り過ぎると言っています。そんなに先に行ってはだめと、おかげ横町入り口の赤福本店で待つように言います。そこで待ち合わせて、昼食を食べます。伊勢うどんの店にはいると、座敷が空いていると言うことで、そこに落ち着きます。
 メニューがうどんしかないお店で、伊勢うどんや天ぷらうどん、きつねうどんなどを食べて、お参りに出かけます。

 宇治橋から、伊勢神宮内宮ですが、砂利道でベビーカーは大変です、端っこの砂利のない所を選んで行くが、道中は長くくたびれます。Kとちゃんは汗が出るのか時々背中がかゆいと騒ぎ出します。S真くんはパパに抱っこされているが、時々歩いています。Rかちゃんは結構歩いていますが、両方のパパは大変です。
 やっとこ、本殿前にたどり着いて、Kとちゃんとお参りします。お参りを終えても、来た道を帰らなくては行けません。砂利道をあるいて、宇治橋まで戻っても、まだ、おはらい町通りを進んで、時々買い物というか、まんじゅうや唐揚げを買って食べながら車の所まで戻ります。
 

初めは御在所EXPASAで休憩します Kとちゃんはみたらし団子を食べています
2回目の休憩は嬉野PAです 五十鈴川の駐車場に車を止めます
地下道を通っておはらい町通りに向かう おはらい町通りに出ました
昼食はうどん屋さんです 宇治橋の前にあります
一礼してお参りを始めます 宇治橋から五十鈴川を望む
参道は空いています 御御手洗で手を洗います

正宮の前ではいポーズ 帰りのおはらい町通りでイチゴ大福を食べます
S真くんはベビーカーです
Rかちゃんはお眠りです 午前中より人出が増えたようです

 駐車場に着き、みんな乗車して、宿に向かいます。ここから1時間弱かかり、本日の宿「賢島宝生苑」に到着します。とても大きなホテルで、部屋も6階の大きな部屋が3部屋です。部屋からの眺めもすばらしく、E理ちゃんのおかげと感謝します。
 
 Kとちゃんたちはプールへ遊びに行きます。少しして、奥さんと私はそのプールにビデオカメラを持って、撮影に行く。ホテルの一番端からプールへの近道があります。それにしても大きなホテルです。
 沢山家族がプールで遊んでいます。少し撮影して、売店でおみやげ物を見ながら、部屋に帰ります。
 夕食は17時30分からと言うことで、部屋の戻るまでに売店でおみやげ物を見たりして、のんびり過ごします。17時15分頃にKとちゃんがやってきて、お腹がすいたというので夕食会場に出かけます。バイキング形式の夕食は、小さい子たちにも食べ物が多く嬉しいことです。
 
 夕食後、ゲームコーナーで遊び、部屋に帰りTVを見ていると、Kとちゃんが私たちの部屋で寝ると言う。21時頃までTVを見ていたが、KとちゃんがもうTVは見ないと言うことで、TVを切って寝ることになりました。
 

部屋からの眺めはすばらしく、夕日が沈む所が見える
水着に着替えて出かけます ウォータースライダーで遊んでいます

うまく滑れたでしょうか 夕日の時間には少し早い
Kとちゃんはデザートを沢山食べました S真くんのデザートはバナナ
Rかちゃんはママとパパと一緒です 夕日を撮影することが出来なかった

 2011年8月20日(土)今日は朝早く起きます、昨夜21時前に寝たこともあり、6時頃からKとちゃんは起きて、カーテンを開けます。晴れているかと思ったが、曇り空で少し怪しい雲も出ています。Kとちゃんと奥さんはお風呂に行きました、私は部屋からの英虞湾の眺めに見とれています。直ぐ目の前に真珠養殖の筏がありそこで漁師さんが作業をしてるのをのんびり眺めています。ほかにもボートで、籠を引き上げて、また入れている夫婦の漁師さんもいました。

 8時から朝食に出かけます、昨夜も今朝もS真くんの食事の世話をします。パンと卵焼きを食べています。私も、自分が食べる分を取ってきたが、S真くんが終わるまで食べられません。奥さんが早く 食事が終わったので、交代して私も朝食を食べ始めます、飲み物が足りなかったが、テーブルにあったオレンジジュースを飲みながら、朝食をいただきました。奥さんは私が沢山食べたと言っているが、それほどでもありません。奥さんはおかゆさんを食べていたので、余り食べた気がしなかったのか?

 部屋に戻る前に、おみやげを買い込みます。少しのつもりがなかなかの量になります、部屋まで持っていき、ホテルを出発する準備をして、みんなが支度が出来るのを待っています。フロントの所に下りていくと、昨日到着した時に撮影された集合写真が飾られていたが、ピンぼけの写真でがっかりです。これは買えませんので、ホテルの玄関で家族全員の写真をボーイさんに撮ってもらいます。
 9時半頃にホテルを出ます、来る時には余り気が付かなかったが、近鉄賢島駅の直ぐ前がホテルです。さすがに近鉄の経営するホテルです。
 

部屋の前の海で真珠養殖の筏で漁師さんが作業中 寝起きのKとちゃん
S真くんもやってきた 朝食が待ち遠しい
私の朝食奥さん曰く食べ過ぎ! ホテルの入り口においてみんなで撮影

 今日は志摩スペイン村に行きます、10時過ぎに到着、エントランスから入り、エスパーニャ通りを抜けて、シベレス広場から、フェイスタ広場で乗り物に乗って遊びます、Kとちゃんは何種類か乗り物に乗って楽しんでいます。S真くんもメリーゴーランドに乗って楽しんでいます。昼食を済ませて、Kとちゃんのパパとママが「ピレネー」というつり下げ式のジェットコースターに乗ると言うことで、みんなで見に行きます。私はとても乗れないと思っていると、注意書きに10歳以下60歳以上はだめと書いてあります。

 カルメン通りから、コロシアムの方に向かう途中で、氷の城と言う館を見つけみんなが入っていきます。−30度の部屋があると言うことで、みんな出てくると寒い寒いと大騒ぎです。13時なるとパルケエスパーニャパレードが始まります。ママとKとちゃんと一緒に見ていると、一般も参加出来ると言うことで、Kとちゃんは一人で出て行き参加しています。すごいなと思いながら、見とれていました。

 コロシアムからサンタクルス通りをのんびりと下っていき、ドンキホーテの冒険の旅というアトラクションにKとちゃんが行くというので奥さんと出かけていきます。私とRかちゃんとパパは、雨が降り出して きたので、木の下のベンチで待っています。すると反対から回っていた、長男たちもやってきました。長男次男夫婦でアドベンチャーラグーンという船上舟型アトラクションに出かけていきました。 Kとちゃんは行かないと言うことで、奥さんとKとちゃん、S真くん、Rかちゃんと待っています。アドベンチャーラグーンという船上舟型アトラクションが終わり、木の下にやってくる頃には、雨も本格的になってきたので、帰ろうかと言うことになりました。小雨の中、S真くんを抱っこして、先ほどのんびり下ったサンタクルス通りを少し早足で登っていく、10kgの付加付でいい運動になりました。

 マヨール広場やシベレス広場、エスパーニャ通りで買い物をして、車に戻り帰ることにします。15時ちょうどにスペイン村を出て、伊勢西ICから伊勢自動車道に入り、安濃PAで休憩です。そこから、運転することにします。この車は少し長いのでいつもより慎重に運転することにします。雨は小降りになるが降っています。御在所か長島で休憩しようと思ったが、亀山IC位から20Km位渋滞で時々止まるほどの渋滞なので、この渋滞を抜けるのに1時間以上余分にかかりました。家に着いたら、18時40分過ぎです。小さい子には少し大変なドライブだったかも知れません。

 今回の旅行の手配はE理ちゃんがすべてしてくれました、ホテルの部屋も大きく眺めもいい部屋で、気分良く旅行が出来ました。 毎回E理ちゃんの手配には感謝しています。
 
スペイン村に到着長男の家族 次男の家族
真ん中にあるシベレス像の前で写真を撮ります メリーゴーランドに親子で乗る
Kとちゃんのリクエストでみんなで乗ります メリーゴーランドに乗るRかちゃん
Kとちゃんも乗っています SまくんとRかちゃんが会話をしています
氷の城で−30度を体験して寒がる兄弟 エスパーニャカーニバルというパレードが始まった
次々にやって来ます Kとちゃんも参加しています
フラメンコで最後となります バビエル城博物館
アドベンチャーラグーンというアトラクション 帰り道キャラクターがいたので撮影します