2008年の初めての旅は、次男の招待で、新潟県新発田市の月岡温泉の「白玉の湯 泉慶」に行かせてもらいました。新潟に旅することは初めての経験なので、楽しみにしていましたが、距離長いので少し心配をしていましたが、高速道路網の完備には、毎回驚かされるというか、日本中どこまでも繋がっているような気がします。
 
 集合が7時40分に名古屋駅西口の噴水前と言うことで、家を6時30分過ぎに出て、武豊線で名古屋に向かう。7時過ぎに名古屋駅に到着。一休みして集合場所に行くと沢山の方々が集まっています、バスに乗車して出発は時間通りの8時です。
 名古屋高速を駅前から乗って、小牧ICから東名・中央・長野・上信越自動車道を走って行く長い旅が始まりました。
恵那山トンネル近くでは雪景色、今シーズン初めての雪景色に少し感動 昼食は長野県のはずれ、新潟県のすぐ隣、信州中野ICから降りて、豚しゃぶしゃぶでした
妙高近くの新潟県に入ってすぐは雪景色でした 越後平野はどこまでも平らで、田圃ばかり、米所と言われるのが解ります
新潟市に近づいてくると、雪がありません新潟は豪雪地帯と聞いていたが期待はずれというか、少し安心 ワールドカップの会場となった「ビッグ・スワン」球技場
阿賀野市水原地区の瓢湖に行く、私的にはここな今回の旅行の目的地 白鳥が沢山見られるし、エサをやる方が多く身近に野鳥がやってくる
白鳥だけではなく、カモ類やバンもいました 湖ではなく、ため池と思われる
16時過ぎに宿に到着、6階のお部屋で眺めがよろしい 、到着するとすぐに着替えて、温泉にはいりますが少し小さい感じがします。2ヶ所のお風呂を男女交互に使っています。 夕食にまたもや、豚しゃぶが出ます、昼食よりもいい肉ですが1日に2回はやはり
月岡温泉は日本一の硫 黄ナトリウム泉という話で、露天風呂は硫黄臭がきつく少し心配になるほどです 、屋内のお風呂は臭いもしないので少し安心、奥さんは3回私は2回入りました。 朝食バイキングでお腹一杯になった、我々は朝8時出発で、バスに乗り込む。今日は一番前の席で、降りる時は1番で降りられます、トイレ休憩も一番なので空いています。今日の一番初めは、磐越自動車道で安田ICで降りて、阿賀野川遊覧船で一巡り、咲花温泉のそばを通って来ました
下船して雪の中で記念撮影と言うことになります、おみやげ物を買う時間もなかった、トイレに行きお茶を買ってバスに乗り込む またもや高速道路を走り、燕ICから洋食器センターに行きカレースプーンの出来るまでを実演して頂き、買い物をします、奥さんは何か買っていた。
鳥居は弥彦神社の入り口です、もっと手前には高さ30mもある大きな鳥居があったが、バスは走っているし横切っただけなので撮影できなかった。
弥彦神社の境内は参拝客で大にぎわいです。 本殿は立派なお社で、雰囲気のありそうな神社に感じられて霊験あらたかな気がする。
バスツアーでは当たり前の、おみやげ物を買うため途中下車する場所、日本海魚のアメ横で海産物を買いましょう その後は昼食で、すぐ近くの寺泊港に隣接している、料理屋さん日本海で「海鮮三段チラシ御前」海鮮チラシ・かにチラシ・イクラ鮭の親子チラシと言った豪華な昼食、私は蕎麦ぐらいがいい
寺泊港には佐渡島に行く高速船がいる こちらの方向が佐渡島
港には足を乗せてポーズをする物がある 西山IC前の信号、雪国の信号は縦型の信号らしい、知らなかった初めて知った。なぜここの信号を写真に撮ったかと言うと、この信号から2分程度の距離で、越後の大物故田中角栄氏の生家があります。今も表札には娘さん夫婦の表札が出ています。
帰り道、新潟最後の休憩地、妙高SAで妙高山(標高2454m)が見えています。雪深く冬らしい風景です 帰ってきました、名古屋駅のツインタワー駅西から撮影19時50分に到着しました。