7月11日12日、今日から一泊二日の家族旅行総勢7名で長野県軽井沢に出かけます、8時に大府駅西にレンタカーを受け取りに行く、 アルファードかと思ったら、今回はヴォクシーで同じく8人乗りを借りました。 「トヨタレンタリース名古屋」大府駅に支店で手続きをして、家に帰ると8時35分で、Kとちゃんは玄関で待ちかねています。

 次男がゴルフをプレーすると言い、長男も同調したので、ママが出発前にホテルの隣接のゴルフ場に予約を入れる 、途中で電話を替わり、今日の午後からのハーフラウンドと言うことで予約が15時15分取れました。どたばたしましたが、9時前には出発することが出来ました。

 豊明インターから高速道路に乗って、一路長野県へ向かいますが、1時間経ったころに初めの休憩をします。恵那峡SA で30分ほど休んだ後に出発です、中津川を越えて恵那山トンネルを抜けると長野県です。長野自動車道に入り、乗客の皆さんが寝ているので、一気に上信越自動車道には入り、小諸ICで降りて昼食のおそばを食べるために、カーナビに電話番号を入力して、 お店まで案内してもらいます。昼食のおそばやうどんはおいしかったと好評です。

 国道18号線で軽井沢方面に向かう、 昔はこの「日本のロマンチック街道」が軽井沢に行くメインストリートだった。しかし、今は高速道路が出来て、碓氷軽井沢インターチェンジが出来たことにより、少し寂れてしまった様子です。
走り始めて1時間ほどで休憩 恵那峡サービスエリアはいつもにぎわっています
長野自動車道に入るとKとちゃんはママに抱っこされ二人で居眠りです ナビが休憩するように言うので休憩するがトイレと自販機しかないパーキングエリアでした
 追分けを過ぎたころに18号線バイパスからプリンス通りに出て、プリンスホテルに到着、チェックインはKとちゃんのママがしてくれます。我々男性陣はすぐ隣のゴルフ場に行くことに、14時30分ですが、すぐにスタートできそうなので、女性陣に電話をして、ゴルフを始める話をする。OKが出たので二人乗りのカート二台で出発です。長男のゴルフバックに私のパターとSw,1W,5Wを入れて持ってきた。次男はレンタルクラブでスタートの1番ホールに向かいます。
 
 軽井沢でゴルフが出来るとは夢のような出来事です、いつもは家族と一緒なので自分一人ではプレーする事は出来ない し、軽井沢でのゴルフはあきらめていました。今夜泊まるコテージが並ぶコースでプレーが始まりました。
 
 次男は生まれて2回目のゴルフなのに意外に器用な面が発揮されて、絶好調でドライバーショットも絶好調で、飛距離も私に並んできます。コースが空いていたので、練習にもう一球と打たせてみると、私をアウトドライブしていきます。アイアンも当たるようなってきて、ショートホールでは2度もワンオンしてパーが取れるかと思っていましたが、残念ながら3パットと言うことになってしまいました。
 
 それにあおられる形の長男はショットに苦しんでいました、ドライバーショットも右に曲がり、アイアンショットも思うようにならない様子、しかし、パットや小技では少し優位があり、スコアでは勝ちましたが内容的にはどうも負けている様子で落ち込んでいます。
 
 私は今年に入って2回目のゴルフと事で期待はしていませんでしたが、軽井沢でゴルフをしているという軽いハイテンションがよかったのか意外に良いスコアに喜んでいます。次男にも言えることですが家族という気の使わない気分だけでもいいスコアやいいショットが出る条件が揃っています。スコアはパー33のコースで私は40、長男は54、次男は57という成績でした。
 
憧れの軽井沢のゴルフは爽やかな気候の中で 長男次男は軽井沢のゴルフは普通と思っている
コースの横には今夜泊まるコテージがある 管理人のインパクト寸前左腕とシャフトが真直ぐ
長男も同じ所の写真腕とシャフトの一体感がある 次男もシャフトと腕の一体感があるこれはDNAのせいか
 
 2時間かからずに、楽しい時間は終わり、女性陣に連絡すると、スパ・ザ・ホレストプリンスという温泉に入ってのんびりした後に、ショッピングモールで買い物しているというので私たちもスパに行こうかと思ったが、部屋でシャワーを浴びて 急いで出かけることにします。車でショッピングモールの方面に行き電話で連絡をして、途中で奥さん達をピックアップして、旧軽井沢銀座の方に 向かいますが、軽沢駅前から新軽井沢通りの車や人がいないというか、道路はがらがらです。旧軽井沢のメインストリート 軽井沢銀座にも人影はまばらで、どうなっているのといった所です。お店の人に聞くと今月になってやっと人通りが多くなってきたと 言っていました。
 
 Kとちゃんはショッピングモールで歩き疲れて、パパに抱っこされて眠そうです、途中私や長男にズーと抱っこされていました。 ウインドショッピングをしながら、夕食をどのお店にしようか、みんなで相談しながら歩いていくと、中華料理にステーキハウス、と迷ったあげくに、ステーキハウスに入って行きます。旧軽井沢銀座通りにしてはお値打ちな値段が気に入ったお店でしたが、お味の方も抜群でお気に入りのお店になります。
 
 夕食を終えて帰るころ、19時過ぎには、ほとんどのお店はシャッターを下ろしています。 駐車場の前に渥美清記念館があります、駐車場のおじさんに聞くと、この記念館はあまりよくないよという話で、興味をそがれました。帰り道に少し裏通りを走り、別荘の姿をのぞき見時ながら帰ると、ママは感激しています。
 
 ホテルに戻ってコテージまで送ってもらう、部屋に帰るとみんなでのんびりとします。コテージには暖房設備はありますがエアコンはありません。と言うのは窓を開けていると涼しいと言うよりか、寒いと言った方がいいのかというほどの気温です。
 
旧軽銀座は閑散としていますこちらはロータリーから入ってすぐの所 真ん中あたりの郵便局
食事を済ませてミカドコーヒーの前で 次の日の朝コテージのベランダからの眺めは浅間山
 
 昨夜は狭いソファーで寝たのと次男のいびきで、よく眠れず寝不足感はあります。今日はいい天気で コテージのベランダにはシジュウカラがやってきました、部屋の窓から浅間山がよく見えます。気持のいい朝です、長男次男とKとちゃんの4人で朝の散歩に出かけると、木々に小鳥が飛び交いさわやかな気分になります。
 
 朝食に出かけて、人数が多かったので個室に案内されて静かに気分良く食事をすることが出来て、今日はいいことあるのかななと思いながら、部屋に戻ります。ママと長男のお嫁さんは、エステをすると言うことで別行動になりました。チャックアウトまで時間があるので、コテージの前の芝生の所でKとちゃんと二人で遊んでいると、奥さんと長男と次男は朝寝と言うことで、1時間ほど寝ています。10時30分になったのでみんなをたたき起こして、出発準備をして迎えの車を待ちます。フロントに鍵を返して出発です。 
 
浅間山を少しアップにします 山頂付近は草木も生えない活火山
パジャマ姿でくつろいでいます 着替えが済んでのんびりします
朝のお出かけは4人で散歩 パパに抱っこされらくちんですがパパは息切れか
 
 表通りプリンス通りに出てみると、道路が大渋滞でショッピングモールの駐車場に近づけません。そこで軽井沢駅の方向に向かい、駅前で駐車場を探すとありました、タクシー会社の敷地が1日500円これはお値打ちです。駅まで2分です駅の反対側がショッピングモールです。その近くというか駅の階段を下りた所の駐車場は2時間3000円です?
 
 ショッピングモールと言っても奥さんが興味あるだけで、男どもには関係ない世界です、Kとちゃんもいるので、のんびりショッピングは出来ませので少し困っていると、Kとちゃんはアイスクリーム屋さんに一直線走っていく、 昨日そこでアイスクリームを食べたらしい、昼食をすませてからアイスクリームを食べること で納得したKとちゃんを連れて隣のレストランでランチを注文して待っていると、ママやお嫁さんがやって来て合流します。おいしい昼食をすませて、Kとちゃんは隣のアイスクリーム屋さんにまっしぐらで、パパは追いかけていく。
 
 食事の後に女性陣の買い物に付き合って、 ショッピングモールの人混みを歩き回って、軽井沢駅に戻ります、駅の中でみんなでお土産を買います。その後に軽井沢駅前の駐車場に戻り、帰ることにします。帰り道は霧ヶ峰によって、ニッコウキスゲ観ながら帰ろうと言うことで、カーナビに従って行くことに します。
 
ホテルの前で記念撮影します 軽井沢駅には長野新幹線としなの鉄道が入っています
階段を下りて行くと巨大ショッピングセンターがある 昼食はランチをいただきます
軽井沢駅新軽井沢方面の入り口 高台から白樺湖を望む空の雲が夏を感じさせる
 
 今までの旅では、軽井沢から霧ヶ峰に向かうルートは和田峠を目指して、途中有料道の横からビーナスラインに入り八島湿原の横を通って霧ヶ峰に行くルートだったが、今回はカーナビに従った道で行くと、とんでもない細い道や、これは通らないだろうと言った道を抜けて、望月から蓼科を抜けて、白樺湖を通り車山高原を横目でにらんで、ビーナスラインを走っていくと、霧ヶ峰高原に近づくにつれて、黄色い花が増えてきます。目的の花が見えたので、気分良く諏訪方面に車を走らせます。  
 
みんなで記念撮影Kとちゃんは車で寝てる 今回の旅で期待していた花ニッコウキスゲ
まだ満開ではなかったが満足でした 諏訪湖サービスエリアで一休み
 
 今回借りたヴォクシーは8人乗りで室内は広いし、音も静かで60Km~90Km程度で走っていればとても心地よく運転できます。問題は2Lエンジンなのでパワー不足が顕著で、今回は大人6名子供一人とほぼ満車状況だったので、余計に峠道の登りが苦しそうでした、トルク不足はどうしようもないほどです。今回は2100kmほどの新車だったので新車の匂いを感じながらのドライブでしたので気持ちよく乗り回すことが出来た、燃費は691kmの走行でレギラーガソリン58.2Lと言うことはリッターあたり11.87kmと言うことで少しいいかなといった所です。
 
 19時には大府市内に帰り、夕食を軽く済ませて、家に帰りレンタカーを返却してきます。
 
 今回の旅行も次男のお嫁さん(Kとちゃんママ)が手配から始まりいろんな事で便宜を図ってくれた、おかげで楽しい旅行になりました。『感謝しています。』 知り合いの方に旅の話をしたらうらやましがられました。