2002年5月2日(木)今日から日曜日まで連休にします、初日の今日から明日5月3日まで伊勢の鳥羽に行って来ます。
 初日は伊勢に行くので伊勢神宮にお参り、長男の就職祈願を重点にお願いをする、いつも内宮は大きなと思います。おかげ横町やおはらい町通りを散策して猿田彦神社もお参りして、鳥羽に向かいます、伊勢志摩スカイラインを利用して鳥羽に着きます。
 
 鳥羽水族館に行きますが、本当のことを言うとあまり期待していませんでしたが中に入ってビックリの連続です、ラッコやイロワケイルカもすごいですし、ジュゴン、スナメリ、アフリカマナティーなどの前では固まってずーっと見とれていました。最後に「生きている化石」オオムガイの前で見とれていました、ほかにもいっぱい興味のある生物がいました。もう一度、鳥羽水族館だけ目的で、出かけたくなりました。
 
 今回の旅行はのんびりするのが目的のはずが、あそこやここと出かける。今日も私のリクエストで波きりの灯台「大王埼灯台」へ行きいます。志摩パールロードを通って行くことにします、途中に「海の博物館」少し興味を引かれ駐車場に向かう道路に黒い物が干してあります、何かとゆっくり走りながら見ると「ひじき」で道路の半分は干してあります。どうなっているのかと思いながら駐車場。展示内容が掲示板に出ています。あまり興味がわかなかったので、見学は中止。志摩パールロードの一番高いところにある展望台に行ってまたまたビックリ、ここの駐車場の半分は「ひじき」乾燥場所に占拠されています。車を止めて外に出ると「ひじき」のにおいが展望台周辺に満ちていて大変なことになっています。少し休んでそうそうに退散します。
 
 志摩パールロードを進んでいきますと今度は「志摩スペイン村」が見えてきます、今回はパスします。終点までくると大王埼灯台はすぐそこです。この灯台は中が開放されていて92段の螺旋階段を上がって外を見ると太平洋が一面に見渡せ地球が丸いことが分かります。もうあと2カ所くらい灯台巡りがしたかったのですがフェリーの時間が迫ってきましたのであきらめて鳥羽のフェリーターミナルに帰ります。帰りは有料道路ではなく地道を通りますがこちらの方がなんか早かったみたいです。13:45発の師崎行きのフェリーで70分の船旅です。
 
初めに猿田彦神社に 宇治橋から五十鈴川を望む
五十鈴川の御手洗 内宮の本殿

朝熊山の金剛證寺の前 私も撮影 朝熊山の頂上
鳥羽水族館のジュゴン アオウミガメ
オウムガイの前で見とれています 志摩パールロードの展望台にはひじきがいっぱい

大王崎灯台から見た海 こちらが退治崎・麦崎を望む 大王崎灯台
少し手前から灯台を見る 奥さんは
帰りのフェリーから